ヨボーな季節

2012.04.18 *Wed
ちょっと前までピンク一色だった遊歩道も、すっかり緑になりました★
草花も 虫さん達も一斉に芽吹いて、賑やかな季節の到来!

と いうことは、害虫さん達も 活発に動き出す季節というわけで。


YOBO1.jpg


今回の Mr.Mac Academy は、「4大予防の必要性について」
講師は、白金高輪動物病院 院長 佐藤 貴紀 先生
昨年7月の「熱中症予防について」に続いて、2回目の登壇でした☆

セミナー中、メグやんが ウロウロ歩き回ったりして、
しっかりと聞けなかった部分もあるのですが、備忘録として 内容をノートさせてください。


*** 追記しました(4/24)***
追記部分は 色を変えてありますので、ご参考にしていただければ幸いです。




4大予防とは

1. 狂犬病注射
2.犬フィラリア症予防
3. ノミ・ダニ予防
4. ワクチンによる予防


狂犬病の予防

 ・日本では 1950年 狂犬病予防法が施行され、7年間で狂犬病を撲滅した
 ・最近の獣医師は、実際に狂犬病に罹った犬を 診察したことがないという状態
 ・2008年現在 狂犬病が発生しているのは、中国やインド フィリピンなどのアジア地域
 ・狂犬病予防接種の注射率は、だんだん下がってきている!
 ・狂犬病という名前だが、すべての哺乳類が感染する(※ヒトからヒトに感染することはない)

 → 日本では撲滅されているとはいえ、感染する可能性がないとはいえない
 → 感染した場合、犬は殺処分
 → 愛犬の身を守るためには、予防接種が必要不可欠!


<< 法律により定められている 飼主の義務>>

1.現在居住の市区町村に 飼い犬の登録をすること
2.飼い犬に 年一回の 狂犬病予防注射を受けさせること
3. 犬の鑑札と注射済票を 飼い犬に装着すること

補足※2 → 持病やワクチンアレルギー等で 予防接種が困難な場合は 獣医師が発行する
    「注射猶予願い」を提出すればOK。副反応が心配な場合は まず獣医さんに相談を!

補足※3 → 首輪などにつけると 犬がいたずらしてしまうこともあるので
    外出の際に、飼主が忘れずに携帯するのであればOK



フィラリア症の予防

 ・フィラリア症とは、フィラリアの親虫が心臓に住み着いてしまうこと
 ・親虫の寿命は5~6年だが、ミクロフィラリアという赤ちゃんを産む
 ・ミクロフィラリアは、血液に乗って体内をグルグルと流れていく
 ・感染犬の血を吸った蚊が 媒介となって、感染
 ・心臓が弱り、呼吸困難・お腹や肺に水がたまったり、血尿が出る
 ・寄生している量が少なければ、内科治療。ひどい場合は手術。

 → ミクロフィラリアが悪さを始めるのは、感染から半年後くらい = 寒い時期
 → 感染当初は目立った症状がない(時々食欲なし、元気がない)
 → 投薬を忘れてしまったら、自分で判断せず 動物病院の指示をあおぐ

 ◆ 予防薬を投与する際は、フィラリアの寄生がないことを確認しなければならない
    → 必ず 動物病院で、血液検査を受けてから、薬を飲ませること!
 ◆ 予防薬というよりも、実際は 駆虫薬
    → 飲み終わり(蚊のいなくなる期間+1カ月)の月まで飲みきることが重要!
    ※ 4~11月に蚊が発生する場合は、5~12月の間 薬を飲み続ける!


 → フィラリアは 犬だけの病気ではなく、ネコやフェレット、ウサギ科やネズミ科の動物、
   そして人間にも感染することが報告されている。
   (Zoonosis ズーノーシス:動物から人に感染する病気の総称)



● ノミ・ダニの予防 

 ・ノミ被害 → 人間への影響も大きい
   ※ 予防という点から言うと、犬と一緒の布団で寝るのは好ましくない
 
 ・マダニ被害 → 犬バベシア症 : 死亡するケースもある
   ※ 完全に駆除することはできず、一生病気と付き合うことになる
    
     バベシア症を患っているゆえ(慢性疾患)、
     他の病気になった際、投薬などで かなり治療の制限をされてしまう場合がある。


 → 暮らす地域ににもよるが、ノミ・ダニの予防は 通年行っても良いくらい。
   予防薬を投与していても 感染する仔もいる(個体差がある)

 → マダニの被害は、中部地方以西で多い。
   (東日本では あまり感染が報告されていない)



● ワクチンによる予防

 ・混合ワクチン(5種~9種)
   犬ジステンパー / 犬伝染性肝炎 / 犬アデノウイルス2型感染症
   犬パラインフルエンザウイルス感染症 / 犬パラボウイルス感染症 → 5種
   犬レプトスピラ感染症コペンハーゲニー / 犬レプトスピラ感染症カニコーラ
   犬レプトスピラ感染症ヘブドマディス / 犬コロナウイルス感染症

 ・接種するのに大切なこと
   → 体調が万全であること
   → ワクチンアレルギーが起こるのは数分後~数時間なので、経過を見ること
   → 接種後は興奮や運動をさせない
   → 高齢でも、散歩などに行く場合は なるべく打ったほうがいい(獣医師と相談)
   → 抗体がしっかり作られるのは、接種後1W~2W。

 ◆ 狂犬病ワクチンも 混合ワクチンも、犬の体重に関係なく 同量を注射する!
   → 抗体を作るには その量が必要とされているため







椎間板ヘルニアの学習ノートも未完成ですが
フレンチブルドックひろば

にほんぶろぐ村
こちらも、後ほど 追記をします!




↓↓↓更新しました↓↓↓


ブヒ&姫コンビ、かわいいですよー♪














関連記事
スポンサーサイト
TRACKBACK (0)  EDIT | 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © マコやんメグやん All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
3
4
6
7
8
9
10
11
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

Our Shop Opens Now!

あそびにきてね!




マコメグ堂




プロフィール

miu

Author:miu
東京都在住。
専業主婦になって8年。

なんでも極めたくなってしまう
厄介な性格☆

ミシン、刺繍、フラワーアレンジ、お菓子作りなどなど、のめりこむモノ多数☆

最近は書道とネパールカレー作りに大いにどっぷり漬かっています!

娘よりも犬のほうをついついエコヒイキしてしまうのが悩みの種。。



**facebook page**
「マコやんメグやん」




★マコやん(本名:誠)

2009年2月19日生まれ
フレンチ・ブルドック♂
体重:11.54キロ
首囲:44センチ
胴囲:55センチ
着丈:34センチ

妹の押しの強さにヤラれっぱなし

でも
最近はけっこう面倒を見てもらえる

イタヅラ大好き
お散歩・命
一人ぼっちが大嫌い!
家族以外の人が苦手

歳をとるにつれて策略家に。



★メグやん(本名:めぐみ)

2009年10月16日生まれ
女児
体重:24キロ強
身長:120センチ強
足サイズ:21センチ

我が家の 無敵なタイフーン娘

おとなしそうに見えて押しの強い
小学二年生。

「マコちゃんがいるからきょうだいは要らない」と豪語している割には、平気でマコやんを跨いで走り回り、母に怒鳴られる日々。




   








Facebook Page

ブログ更新情報や
マコメグのアップデートは
「いいね!」を押して
こちらから☆









ホリスティックケア・カウンセラー

資格を取得しました☆




Mail us !

お気軽にどうぞー

名前:
メール:
件名:
本文:




BSC

ブヒ・ソーイング・サークル

愛ブヒのために 今日もチクチク♪
お仲間募集中ですよー




Access Count

since Sep.6, 2011




Online Count

現在の閲覧者数:




FAVORITES

  • ランキング参加中♡

  • 1日1クリックお願いします♪

  • 出会えてよかった!

  • 2014年も受講するよ~★

  • ayucchiさんのお店♪

  • 可愛くてほっこり